McLaren GT

2021/01/04 10:00:00

 

「青山スタイル」という選択

 

世界屈指のハイブランドショップ、女子なら誰もが憧れるヘアサロン、ミシュランガイドの星を有するレストラン、美術館、そして高級輸入車のショールームが建ち並ぶ「青山」。街の空気は渋谷や六本木とは明らかに異なる。どこの街にもない洗練された雰囲気は、アパレル、音楽、IT、デザインを始め、時代を創るクリエイティブな仕事をするスタイリッシュで上品な大人たちが「青山」で働き・暮らし、築いてきたものだ。その人々は、肩の力が抜けていながら、ラグジュアリーで、決して派手なわけではないが人を引き付ける優雅なオーラを放つ。それがいわゆる「青山な大人たち」。そのハイセンスなエリアの国道246号沿いにショールームを構える「マクラーレン東京」。F1のレーシングチームから始まったスポーツカーブランドのショールームである。販売されるスーパースポーツカーの内外装は11台をオーナーの意向とセールススタッフのアドバイスで仕上げていくのが基本。そのベースにあるのが「青山スタイル」なのだ。主張の強いスーパースポーツカーだが、マクラーレン東京の仕立てたクルマは「大人の街・青山」にしっくりと馴染む。

   

ModelNew GT Price\26,950,000-(消費税10%込)

 

 
 
 
 

 

マクラーレン GTとは 

 

マクラーレン東京 セールスマネージャー 魚谷 浩二 氏 

 

 

マクラーレンの快適性

マクラーレン東京 セールスマネージャー 平野 徹 氏  

 

 

 

 

 

Engine Type4.0L V8 Twin Turbo Power620ps Torque630Nm 0-100km/h3.2sec Top Speed326km/h 

Dimensions:468×192×121cm Weight1,483kg

 
 

 

 

 

マクラーレン GTを選ぶ

  

サーキット指向の性能に長距離ドライブを可能とする能力が組み合わされており、それらが美しいボディに内包されているGT。快適性と俊敏性を備えた、マクラーレンにしかできない方法で「グランドツアラー」という概念を再定義したクルマです。拡大を続けるマクラーレンマーケットの新たな選択肢、GT。他シリーズ同様、圧倒的な剛性と比類なきドライビング・ダイナミクス、クラス最軽量の車両重量を実現する、カーボンモノコックシャーシが核となっています。このモノセルU-TTはツーリング)にはカーボンファイバー製のリア・アッパー構造が組み込まれ、最少重量は増えたものの縦開きで全面ガラス張りのリア・テールゲートの下に420リットルのラゲッジスペースを生み出すことが出来ました。


 

 

マクラーレン GT

  

新車 New GT ¥26,950,000-(消費税10%込)

 

最高速度:326Km/h

 

0-100km/h:3.2秒

 

エンジン:4.0L V8ツインパワーターボ

 

 重量:1,483kg

 

 

 

 

 

 

 

マクラーレン GTをデジタルカタログで見る

 

 

 

 

 
 

 

 

マクラーレンとは

 

 

 

 

 

マクラーレン東京 試乗車紹介

 

 

左:720S Spider

エクステリア:エリートペイント、エレクトロクロミックガラスルーフ、スポーツエキゾースト

インテリ:電動ステアリングコラム、プライマリーインテリアコンポーネンツ(カーボンファイバー)、セカンダリ―インテリアコンポーネンツ(カーボンファイバー)

ブレーキ:10スポークライトウェイト鍛造ホイール、サテンダイヤモンドカットホイールフィニッシュ、スペシャルカラーブレーキキャリパー

エンターテイメント:Bowers and Wilkins 12スピーカーオーディオシステム

セーフティ:360°パークアシスト、車両リフトシステム(フロント)、室内専用ボディカバー

パッケージ:ラグジュアリー

 

右:720S Coupe

エクステリア:スペシャルペイント(Blade silver)、ドアアッパーグラスルーフ、スポーツエキゾースト

インテリ:シートヒーター&電動メモリーシート、フロアマット

ブレーキ:10スポークスーパーライトウェイト鍛造ホイール、サテンダイヤモンドカット ホイールフィニッシュ、スペシャルカラーブレーキキャリパー

エンターテイメント:Bowers and Wilkins 12スピーカーオーディオシステム

 

セーフティ:リアパーキングカメラ、車両リフトシステム(フロント)、室内専用ボディカバー

パッケージ:ラグジュアリー

 

 

マクラーレン GT 

エクステリア:エリートペイント(Namaka blue)、プライバシーガラス

ブレーキ:15スポーク鍛造ホイール、グロスブラック ホイールフィニッシュ、スペシャルカラーブレーキキャリパー

エンターテイメント:Bowers and Wilkins 12スピーカーオーディオシステム

パッケージ:ラグジュアリー

 

 

 

 

 

 

認定中古車を選ぶ

 

マクラーレン・アプルーブドカーは、英国本社にてトレーニングを受けた専任のエンジニアと、マクラーレン社専用工具による77項目に及ぶ厳格で幅広いチェックを行い、品質、性能、全てにおいて、今すぐに安心してお乗り頂けます。
また、マクラーレンを購入することは、50年間のレース活動やスピード、テクノロジーの精神を購入することでもあります。

 

 

 

推薦中古車

 

2017年モデル

720S Perfomance Launch Edition

アゾレス 走行3,000キロ 車検:2022年9月

車両本体価格 ¥31,500,000(消費税含む)

 

 

 

 

 

 

 

推薦中古車

2017年モデル 72S Coupe

アメジストブラック 走行12,000キロ 車検:2年付

車両本体価格 ¥29,800,000(消費税含む)

 

 

 

 

*他の在庫車をみる* 

 

 

ニュース イベント情報


 

マクラーレン東京の各種SNSでは最新情報を

 

いち早くお届けしています。




ぜひ、フォローしてマクラーレンの

 

最新情報をご確認ください。

 

                  

 

 

 

 

 

McLaren Tokyo 公式YouTubeチャンネルを開設いたしました。

是非とも、チャンネル登録をお願いします。

 

 

 

 

メッセージ

 

スーパーカー・メーカーでありながらブリティッシュ・ラグジュアリー・スポーツカーとしてのテイストも目指しているマクラーレン。マクラーレンはモータースポーツの世界でフォーミュラーカーに初めてカーボンを採用し、剛性アップによる安全性とその素材の特徴から軽量化を大きく改善することに貢献したメーカーです。そして、そのカーボンモノセルシャーシは2011年から発売されたロードカーMP4-12Cより今日のマクラーレン全モデルに採用しております。剛性アップと軽量化は車にとって重要なポイントですが、単にサーキットで早く走るためではなく、この十分な剛性により他のスーパーカーと比べてピラーを細くすることができました。つまり、視界が非常に良いということです。スーパーカーなのに視界が良いのもマクラーレンの特徴です。ファッションブランドが立ち並ぶおしゃれな街、表参道のイルミネーション、外苑前の銀杏並木、そんな文化と自然が融合した景観をカフェやレストランから楽しむことができる街、青山。私共はマクラーレンから眺める青山の街並み、また、華美ではないが、優雅な存在感を醸し出すマクラーレンのスタイリングやその特徴的な魅力につきましてお届けいたします。

 

 

 

 

マクラーレン東京

 

「青山」でも国道246号沿いのオフィスビルが立ち並ぶエリアにショールームを構える「マクラーレン東京」。F1コンストラクターズがつくる本物のスーパースポーツカーを提案するため、20126月にオープンした歴史あるショールームです。

  

 

 

 

 

 

 

マクラーレン東京

 

107-0052 東京都港区赤坂7-1-1 青山安田ビル1F

 

TEL.03-6438-1963

 

www.tokyo.mclaren.com


< center;">

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

[ 前のニュース | 次のニュース ]