MITSUOKA マイクロ K-2

2019/10/15 14:00:00

今回も「お宝ヤングタイマー」変なクルマ屋さんには、変なクルマ(稀少)があるもんだ!第2弾。
あら、メッサーシュミットか?1998年に光岡自動車が日本初の自分で組み立てるキットカーとして発売したドイツのマイクロカー「メッサーシュミットKR200」をモチーフのとても楽しげなマイクロカー。詳細は割愛するとしてスペックは次の通り。車両型式:光岡 K2型、ボディ構成:FRP、エンジン型式:BB−MCIE型 平成10年排ガス規制適合、エンジン:横置強制空冷式2サイクル単気筒 49cc、車両重量:172kg、最大重量:30kg、乗車定員:1名、保安規格:3輪以上の原動機付自転車(普通自動車運転免許が必要)、法定速度:60キロ(2段階右折、シートベルト、車検不要)。田舎暮らしの相棒に如何でしょう?以下、ご覧あれ!

MITSUOKA マイクロ K-3 DELUXE

2019/10/03 10:00:00

今回の「お宝ヤングタイマー」変なクルマ屋さんには、変なクルマ(稀少)があるもんだ!
なんだこりゃ、と、言わしめたちっちゃなスーパー7風の此奴は?説明によると光岡自動車が1998
〜2007年まで生産販売したマイクロカーシリーズ中のK−3モデルだそうだ。2006年に限定100台が販売されたが2週間で完売した幻のマイクロカーと云う。全長:2495mm 重量180キロ。本車両は、純正カスタムパーツのフロントスクリーンセット、クローム調サイドミラー/ルームミラー、MOMO製ステアリング、丸型スピード/タコ/フェーエルメーター、カーボン調パネル、カーボン調パーキングブレーキノブ、専用8インチアルミホイール、純正OPクロームメッキルーバーが装備されたデラックス仕様。今の道路交通法では認可されないであろう大人のおもちゃ光岡マイクロカー。田舎暮らしの相棒に持って来いじゃないでしょうかね!以下、ご覧あれ!

マセラティ ギブリ2.8 2代目初期型

2019/09/28 16:00:00

今回の「お宝ヤングタイマー」1990年代「エッチなクルマ」として自称色男達の御贔屓にあずかったマセラティビトルボシリーズ後継ギブリを発見。あれ、これだけ綺麗なギブリは久振りの事。往年の色男達も齢を重ね秘蔵車を次世代に引き継ごうと考えたか?それにしても綺麗です。都内ナンバーが付いている事から推測するにガレージでシッカリ保管されていたと思われる。更に、高得点なのが初期型フェイスであることだろう(個人的意見)。そんなこんな、あちこち眺めていたら、ちょっとエッチだった頃を思い出してしまった。この時代のマセラティは艶やかだったなぁ〜、、、
あ、それから、此奴は艶やかなだけでは無く、ツインターボが効き始める時の”暴力的なドッカン感”が堪らなく気持ち良かった。

ポンティアック・ファイヤーバード・トランザム

2019/09/19 12:00:00

今回の「お宝ヤングタイマー」何十年振りに目にしたトランザム何と綺麗なことか!
正式名は「ポンティアック・ファイヤーバード・トランザム」名前の由来はSCCA(Sports Car Club of America)による市販車ベースのレース、トランスアメリカンセダンチャンピオンシップから取られている。と、言ってもこのクルマを語るなら、ファイヤーバード・トランザム でOKでしょう!
いやぁ〜懐かしい、、業界に入ったころ此奴とカマロZ28が全盛だった。本当にカッコ良かた! 
タイムスリップして現代に現れた「ファイヤーバード・トランザム」眺めてるだけでも幸せになれます。なお、本車両は入庫準備中のため詳細は不明だが、第二世代イーグルマスクからフロントデザインが変更された1979年モデルと思われる。以下、ボンネットで羽ばたくファイヤーバードご覧あれ!

BMW 635CSiA (E24) MT(載せ替え)

2019/09/17 15:00:00

今回の「お宝ヤングタイマー」世界一美しいクーペと評され、コードネームE24の愛称で根強い人気を持つBMW6シリーズから635CSiA のマニュアルミッション(載せ替え)をご紹介。愛好家によって大切に管理保管されてきた稀少車。パリットした佇まいにALPINAホイールが実にマッチしている。現在入庫準備中につき、詳細は販売店までお問い合わせください。本報初公開!世界一美しいクーペは時を経ても変わっていない。先ずは、ご覧あれ!