ポルシェ911 RUF

2020/12/18 10:00:00

 

今回の「お宝ヤングタイマー」販売車両でありながら「売ります」と言わない車両を紹介。もう一度申し添えます「売ります」とは聞いておりません。有りましというお話です。でも、販売車両でしょう? 
ポルシェ911 RUFでございます。以下、ご覧あれ!

稀少!C63 AMG STATIONWAGON W204

2020/11/15 16:00:00

 

今回の「お宝ヤングタイマー」成熟した自動車文化を有する?ここ日本では未だに旧車に対して過度な税を課してる現実があります。排気量、車齢と様々な理由をつけて負担を強いているのです。そして、その反動として年々中古車市場で大排気量車の価格が下がっています。クルマ好きにとってV8エンジンは憧れと尊敬の念を持てる存在でもあり、いつかは乗って見たい!でも、故障が怖い、燃費が悪い、自動車税が高いなどと、実にネガティブな考えが湧いてきます。それでもクルマ好きは「あばたもえくぼ」と考え、乗る理由を探します。今回のC63を例にすれば、新車よりディーラー管理・整備されていた下取り車両、認定中古車ではないが同等の品質、燃費はしょうがない、自動車税もしょうがない。AMGが初めて自社開発したV8 6.2リッターNAエンジンは諸般の事情により「最初で最後」の作品となってしまったが「最初で最後」の自社製V8 NAエンジンとしてAMG史に名を残すことは間違いない。という事で、その名機を搭載するW204 C63ステーションワゴンを紹介しましょう。ボディカラーは、当時の1番人気オブシディアンブラックにブラックレザーインテリアで、当時世界最速ワゴンを謳った超スパルタンな仕様車になります。如何でしょう、乗る云い訳見つかりましたか?10年経過したAMGを正規ディーラーで購入できる幸せを喜んで欲しいと思います。以下、ご覧あれ!

BENTLEY ARNAGE R

2020/11/03 14:00:00

 

今回の「お宝ヤングタイマー」由緒正しい正統派スポーツセダンベントレーアルナージRをご紹介。ベントレーとはイギリスのクル―工場で製造された最高級スポーツセダン。スペックを共にするロールス・ロイス シルバーセラフと兄弟車であり1998年から2009年まで生産された。さて、ベントレーアルナージRを前にして思う。やはり高級車はセダンだ!重量感、質感が発する佇まいは現代の高級車達には遠く及ばない。軽くて丈夫な素材は如何せん質量が発する質感が少なく、構成されたクルマ全体が発するオーラ―が感じられない。クル―工場で生まれたベントレーアルナージRこれぞ工芸品と呼んで良いと思う。現在、入庫点検中ですがボディにはキズは見当たらない。メッキ類曇り無し屋内保管されていたと思われる。見る限り上質車と言えます。ベテランドライバーの域に達したクルマ好きなら乗る乗らないは別にして、ガレージで眺めたり、極上シートで寛ぐのも良いですね。

Audi A4 オールロードクアトロ2.0TFSI

2020/09/28 13:00:00

 

今回の「お宝ヤングタイマー」背の高いSUVも良いが、スタイリッシュでオフロード走破性能を持つお洒落なステーションワゴンをご存じだろうか? 欧州では絶大な人気があるアウディの全天候型ワゴン。オールロードクアトロシリーズのA4版をご紹介したい。私も初代オールロードクアトロ(A6ベース)を2年程乗った経験がある。ありきたりな表現だが、乗り心地と安定した走りはピカイチのイイクルマだった。人と違ったもの、高価になり過ぎた輸入車、Withコロナ、等々の時代に於いて、クルマの選び方を考えるのも良いかと思います。「新車は必ず中古車になる」ことを理解してネットで、年式、走行距離と価格だけで判断しないことも大切。さて、本サイトのハッサン編集長もお世話になったVW・AUDI専門店「ユーロマチック」で見つけたA4オールロードクアトロ(9年経過、走行65,000キロ、年間7千キロ程度使用)とても綺麗な状態です。With コロナの時代に逆行するかも知れませんが実車を見る価値はあると思います。以下、ご覧あれ!

ポルシェ パナメーラ 3.6 V6

2020/08/28 13:00:00

 

今回の「お宝ヤングタイマー」ポルシェパナメーラと言えども10年も経てば手の届く距離になる。これがヤングタイマーを薦める理由です。278万円、走行距離138,000キロと表示されたプライスボードを眺めながら価格との整合性を考えると悩むことだろう。そこで考えて見たい。乱暴かも知れないが、距離が伸びていると言うことは元気に走っていた証拠でコンディションは良いとなる。
ひと昔前のマセラティで距離の少ない個体は信用されなかった。工場に居た時間が永かったから、なんて言われもした。それほど故障が気になる高級輸入車ですが、昨今は輸入車の信頼も向上し普通に20万キロ位は走ります。また、ポルシェは昔から品質には自信があるのか走行20万キロまでの個体なら認定中古車として再販もする。その辺を基準にすれば20万キロまで、あと62,000キロもあります。でも、やはり中古車はコンディション。さらに販売店が自前で整備が出来るかが購入ポイント。さて、10万キロオーバーのポルシェパナメーラを主治医付で乗れるチャンス如何でしょう?