Porsche Cayman GTS 9500km

2019/11/12 17:00:00

今回の「お宝」新車から3年半経過したポルシェカイエンGTS。 ジェットブラック走行距離僅か9500キロ と良いクルマでお買得感もあります。だらか、何方にもお薦め出来るのですが、特に企業経営者の方にご購入頂きたいと思います。年末を控え決算予想を始める頃かと思います。お陰様で出そうだ!そんな場合のためにも早めの対策が必要かと思います。税法上認められている償却資産を利用するのであれば年内(期内)購入がよろしいかと、3年半のカイエンは償却資産としては持って来いの車両ですから、詳細は販売店まで、

ランドローバー三島 移転オープン記念フェア

2019/11/09 12:00:00

今回の「お宝」新車ランドローバー特別編をお届けします。「お値引して!」と言わなくても良いのです。先月移転オープンしたジャガー・ランドローバー三島さんでは移転オープン記念フェアを11月30日(土)まで開催中です。特典はズバリプライスダウン+金利0%(新型イヴォークは0.99%)+ドライブレコーダーまで付いて来ちゃいます。これはもう、行かない選択肢はない!
以下、プライスダウンされた、レンジローバースポーツ、ヴェラール、新型イヴォーク、ディスコスポーツご覧あれ!

ジャガー三島 移転オープン記念フエア

2019/11/08 20:00:00

今回の「お宝」新車ジャガー特別編をお届けします。「お値引して!」と言わなくても良いのです。
先月移転オープンしたジャガー・ランドローバー三島さんが、移転オープン記念フェアを開催中です。何と、ジャガーフラッグシップXJ、電気自動車I-PACE、SUV  E-PACE,新型XEが驚きのプライスダウン。以下、新車ジャガー編 ご覧あれ!

JAGUAR XJ R-SPORT

2019/10/30 11:00:00

 

今回の「お宝」ガソリン車時代はもうすぐ終わる。最後の1台として残すのはこのクルマだ!
クルマ好き集団を自負する本サイトが独断と偏見でお届けしたいシリーズ第一弾。その切欠は、本年7月プレスリリースされたジャガーXJシリーズが次期型よりフルバッテリーEVモデルになると言いう衝撃的なものだった。現行351モデルも衝撃的な変身をして多くのXJファンを驚かせた記憶も消えないのに、、また驚かされたのである。伝統もさりながら、時代の先頭を走りたいとの気概なのか?個人的には基本はEV、ボディは昔のまま(308or351) がシックリすると思うのですが?なんて思っていても時代は進みます。愛情の沸かないデザイン車に積極的に乗りたくないと思われるクルマ好き皆さん想像して見てください。ご自分のガレージにEV車が並ぶ近未来。そして、クルマ好きを自負しながら、最後は皆と同じ自動車に乗っているご自分を!ジャガーXJに乗ること、それはクルマ好きにとっての到達点でもあると考えます。EV車に移行することが確定したいま、2度と買えないガソリンエンジンの名車XJ。最終351型 黒い R-SPORT デモカー。ガレージに仕舞って置くのもよし、乗って存分に味わるのもよし、それがクルマ好き人生の証となり、心のよりどころになる。そんなクルマ好き人生の上がりクルマとしてご紹介します。

Smart forfour BRABUS Exclusive

2019/10/23 11:00:00

今回の「お宝」自然災害が続く中で「自分の命は自分で守る」そんな思いを強く持たれた方は多いかと思います。それは安全と思っていた自宅でも、いわんやリスクの多いクルマでも同じだったと言うことです。我々が、いま優先して考えなければならないのが自分、家族、そして、大切な人達の安全についてだと思います。今回は、そんな思いを強くして「近所でも事故は起こりうる」ことを理解した上でこのクルマをお薦めしたいと思います。因みに私は「小さくても安全」なスマートを初代から乗り続け現在3台所有しています。奥さんもスマートBRABUSカブリオを愛用しています。
そして、スマートは何故安全なクルマと呼べるのか?簡単に説明します。
クルマにおける安全性は、車格に比例して高くなると思いがちですが、実はそんなことはありません。コンパクトカーでも「安全性の高いクルマ」は存在します。その代表格がスマートです。スマートは、メルセデス・ベンツSクラスとの前面衝突テストにおいても優れた結果を得ており、小さくても安全であることが実証されています。メルセデス・ベンツは、車格によって安全性に差をつけることはありません。そのことは、スマートに乗っていただければ、必ず分かるはずです。
ご存じのように、クルマの運転は、事故のリスクをゼロにするのは不可能です。細心の注意をはらって運転していても、信号待ちのときでも、最新の電子デバイスを搭載していても、残念ながら事故はおきます。いわゆる、もらい事故があるからです。スマートはそのことを考えて設計されています。
そんなスマートも、次期モデルは中国資本のもと完全EVに変わります。慣れ親しんだガソリンエンジン4人乗りフォーフォーモデル最後のロッドが認定中古車として出てきました。乗り換えを考えない一家に1台「安全なクルマ」を準備なさいませんか? 安全に移動したい「あなた」と「家族」「大切な人」に乗って頂きたいと思いご紹介しました。以下、ご覧あれ!