Mercedes CLA Shooting Brake OrangeArt Ed.

2020/07/04 16:00:00

今回の「お宝」コロナ禍は輸入車認定中古車選びに原点回帰をもたらした。ここ数年市場を占有していた名ばかりの中古車(未使用車、デモカー)は姿を消し、一部の中古車センターフロントにはアラフォー認定中古車(初度登録から4年、走行4万キロ以上)が並び始めている。とても良いことであり、これが中古車ビジネスの本来あるべき姿だと思う。新車が余りにも高価になってしまった昨今。法定償却率を市場価格が下まわる車種まで出る現象も起きている。華美なオプションで着飾っても中古車市場ではグレード、年式、走行距離が評価基準であり、オプション類は流通面での評価とされている。要は人気の装備が付いていれば売り易いと言うことであり、価格には大きく影響はしないと言うことだ。そして、その効能は?新車から3年+延長2年の保証でディーラー管理された多種多様な下取り車が認定中古車として市場に出始めています。今回のCLA250シューティングブレイクをベースに限定車として仕立てられた「オレンジアートエディション」になります。マウンテングレーに刺し色のオレンジが魅力的に仕上がっています。5年の歳月を感じさせないのはベース車両の魅力が褪せていない証拠です。年間約10,000キロの使用で、走行59,000キロほど。新たに認定中古車として2年、走行無制限保証を付加され価格210万円。CLA250シューティングブレイクの限定車。流通速度は早いと思います。先ずはお電話を!

稀少!Porsche 911 Carrera Cabriolet 左ハンドル

2020/06/30 12:00:00

今回の「お宝」ある所にはあると言われる稀少車。ポルシェ認定中古車に「松」「竹」「梅」があるとすれば、個人的に「松」を供給していると思っているポルシェセンター名古屋 認定中古車センターさんで稀少車を発見。お宝度★5つ、その1、稀少な911カレラカブリオレ、その2、左ハンドル、その3、鮮やかなコバルトブルー、その4、価格のこなれたアラフォー認定中古車、その5、低走行28,000キロ、その6、高額オプション装備、その7、コンディション「松」。
これを持って「お宝」とします。以下、ご覧あれ!

マクラーレン540C 認定中古車

2020/06/24 14:00:00

今回の「お宝」認定中古車ドットコム「初お目見え」マクラーレン540Cをご紹介。と言っても初物であり、私もスーパーカーと呼ばれるクルマには乗ったことが御座いません。正直、スーパーカー(性能も価格も)と呼ばれるクルマの違いも分からず。フェラーリやランボルギーニと何処が如何違うのか?そんな疑問を抱くばかりでございます。そこで、日本にある世界初のマクラーレン認定中古車拠点である「マクラーレン クオリファイド東京」のセールスマネジャー鈴木順也氏に聞いてまいりました。印象に残った言葉に「マクラーレンは誰が乗っても速い!そして、乗り心地がよい」と仰ったこと。もしかして、その気になれば私にも乗れる?マクラーレンはそんなクルマなのかも知れません。以下、出来立てホヤホヤ動画をお楽しみ下さい。

稀少!ABARTH 695 EDIZIONE MASETATI D車

2020/06/19 11:00:00

今回の「お宝」アバルトの歴史を刻んだモデルである「アバルト695エディツィオーネ・マセラティ」をご紹介したい。2013年2月世界限定499台生産され100台が日本に割り当てられ即完売した幻のマセラティ。7年経過しても色褪せないその魅力。買いそびれた方、吉報です。イタ車の聖地ガレージ伊太利屋さんお台場ショールームで手に入る距離に居ます。走行43,000キロ、298万円のプライスが掲げられています。4万キロオーバーのイタ車でもガレイタさんが主治医であれば心配は要りません。私のランチャYも13年、184,000キロもガレイタさん管理のもと元気にしています。本車両詳細はネットで検索して頂くとして、2011年に発売されたアバルト695トリブート・フエラーリが「太陽」なら、アバルト695エディツィオーネ・マセラティは「月」といったところかでしょうか。二度目の買えそびれは後悔に繋がりますよ!以下、幻のマセラティご覧あれ!

ミニコンバーチブルクーパーS

2020/06/17 12:37:18

 

MINI コンバーチブル クーパーSをご紹介します。