Mercedes-AMG GT 3台集合!

2020/05/28 9:00:00

今回の「お宝」これは凄い!AMG GTが3台も集合するのは、メルセデスのプレミアムディーラーとして知られるメルセデス・ベンツ中野グループの認定中古車センターである中野サーティファイドカーセンターさん。偶然にもGTシリーズが3台揃いました。どれも低走行で新車同様こんなチャンスはありません。取り敢えずガレージに仕舞ってください。以下、ご覧あれ!

Jeep Gチェロキー トラックホーク 4WD 6.2L HEMI スーパーチャージャー

2020/05/23 14:00:00

今回の「お宝」遂に出た!カタログも存在しない、生産台数も分らない。存在自体を明らかにされない化け物のSUVをご存じだろうか!最高出力710馬力、0〜100km/h を僅か 3.7秒で到達するジープ グランドチェロキー トラックホークを!そして、ライバルはランボルギーニ ウルス 650馬力とベントレー ベンティガ 608馬力。あれこれ説明を始めると自分が嵌ってしまいそうなのでスペックのみ記します。

【SPECIFICATION】
ジープ・グランドチェロキー トラックホーク
エンジン:V8型8気筒OHVスーパーチャージャー 総排気量:6165cc  最高出力710ps
最大トルク:868Nm(88.5kgm)トランスミッション:8速AT 駆動方式:4WD
ボディサイズ:全長4890mm   全幅1980mm   全高1800mm   新車参考価格:1356万円

本サイト制作による「Gチェロキーの魅力」動画後半にトラックホークが紹介されています。
こちらからご覧いただけます。

Mercedes GLA180 / CLA180 298万円

2020/05/18 13:30:00

今回の「お宝」新型コロナウイルスが、世の中の需要と供給のバランスを崩し始めている。過剰な利益追求経営戦略は呆気なく終焉を迎え様としている。そして、始まる在庫処分と迎えるであろう需要に即した商品開発と価格の時代。利益を上げんがための華美な装備ではなく、シンプルに良い物が好のまれると思えて成らない。さて、そんなこんな考えるなか、客寄せパンダ(表現は正しくないかも?)メルセデスのNGCC(新し世代のコンパクトカーの意)から人気モデルCLA180とGLA180の2台を発見。共に、2019年登録のデモカーアップ車両、走行7,000キロ、価格298万円とお買い感は抜群。ピンチはチャンスでもあると言います。新車保有年数7年に成る昨今、良いクルマを永く乗ることが普通。そんな世の中だから総合点の高いメルセデス・ベンツを薦めたい。

稀少色!Porsche 911 Carrera S PDK 左H (991型)

2020/05/12 14:00:00

今回の「お宝」個人的な好みで恐縮!「見惚れる」と云いましょうか、ほんに綺麗でお洒落なポルシェ911 カレラS PDK  左ハンドル車を見つけました。今では手に入らない左ハンドルのポルシェ911カレラS  PDK 有償ボディカラーとアゲ―トグレイ フルレザーインテリア始め多くのオプションを装備した「お宝」と呼ぶに相応しいと思います。なお、本車両は初年度登録から10年未満の認定外中古車に成ります。以下、ご覧あれ!

ALFA ROMEO GIULIA 2.0 TURBO SUPER

2020/05/06 13:00:00

今回の「お宝」新型コロナウイルスの影響は輸入車業界にも波及して来た。世界的な需要減による生産調整で需要と供給のバランスが取られると思われる。これによりディーラーは台数を売らんがための安売り商売を止められると安堵するも、起点となったコロナ自粛による販売減を如何補うかディーラーの経営能力を問われる時代が来ている。以前「クルマは価格だ!」との見出しの記事を目にしたが内容は読まなかった。「売る当てもなく造られ続けるクルマ」を数年間も見せつけられていれば内容は察しが付く。当たり前だが価格は需要と供給のバランスで決まる。どんなに良い物でも売れるとは限らない。ましてや利益を出さんがため華美な装備を盛られた「取らぬ狸モデル」など誰もが見抜き相手にしない。当たり前だが、余れば下がるから「クルマは価格だ!」と安易な考え方をされてしまう。それなら「輸入車と国産車は違うのか?」となるが、最近の国産車は装備始め価格も変わらないモデルも存在する。だから輸入車ディーラーでは「試乗してください」と薦める。乗れば感じて貰えるかも「作り手の思い」を!それがブランドの魅力なのかも知れない。さて、冒頭に述べた様に供給が絞られ現品限りとなるデモカー(新車同様)は、今が旬であり「クルマは価格!」で購入できる最後のチャンスと考えて良いかと思います。収入が減ると二つの選択肢があると言います。「出費を減らす」「収入を増やす方法を考える」暗くなるか、明るくなる努力をするか、何時かは収束するコロナ災い。受け入れ方も自分次第。さあクルマ好きの皆さん如何する? 私は「アルファに乗っている!」良い響きじゃないですか? ジュリア スパー ガソリンモデルは、既にカタログ落ちしたており、アルファブラックにベージュレザーとリアルウッド仕様はとても稀少。お洒落な大人に乗って欲しいアルファです。時節がらファイナンスプログラムを上手に使えば月々6800円も可能になります。

Mercedes-Benz S300h HYBRID アラフォー

2020/05/02 14:00:00

今回の「お宝」安心安全な認定中古車に乗ろう!そう提唱して20年に成ります。外車から輸入車と呼ばれ方は変わっても「良質な中古車」を求めるユーザー心理は変わらない。一定保証期間中に不都合が生じれば責任を持って修理してくれる「ディーラー認定中古車」とはそんなルールの基で販売されている中古車です。昨今の商品構成としては、新車に近い「未使用車」「デモカー」と下取車の「アラツー(初年度登録から3年未満、走行3万キロ未満)」「アラフォー(初年度登録から5年未満、走行5万キロ前後)」と我々は仕分けし、特にアラフォーで低走行車をお薦めしております。最近のクルマは「普通に20万キロ位は走る」と言われています。信頼度は上がったが、高価になってしまった輸入車。気分的にも新車が良いに決まっていますが「新車は必ず中古車になる」ことも間違いない事。だから、前オーナーにシッカリ償却して貰って距離の少ない下取車(アラツー&アラフォー認定中古車)がお買い得となる訳です。さて、ご紹介メルセデスS300hハイブリット。効率的にもベストパートナーと云われたディーゼルエンジンとモーターとのハイブリットは1リッター当たり20キロ台後半も記録するほどの優れたSクラスと話題になりました。現在はV6  3.5L ハイブリッドシステムを積む400dに進化していますが、まだまだ高値の華でもあります。と云う事でアラフォーメルセデス・ベンツS300hハイブリッド 走行19,000キロで548万円。
以下、「お宝」認定中古車ご覧あれ!